お弁当を前日に詰めるのってあり?朝持って行くだけなら楽だけど…?

結婚してからというもの、毎朝ちゃんと早起きして夫のお弁当を作っています。

朝はどうしてもバタバタするので、前日になんとなく「これとこれを入れて、これを朝作って…」とイメージトレーニングをしておくのですが、それでもやっぱり大慌て!

お弁当の準備と朝食の準備で、てんてこまいです。

そんな話を近所に住むお友だちにしていたら、なんと彼女は

「私、朝に弱いからお弁当はいつも前日に作ってるよ」

と言うではありませんか!!

でもお弁当を前日に作るなんて、衛生上も心配だし、味が落ちたりしないのでしょうか?

彼女が言うとおり前日に作ることができたら、本当にラクなのですが…

そこで今回は、お弁当を前日に作る安全性やコツについて調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

お弁当を夜に詰めるのはNG?衛生面が心配!

私の友だちは、前日の夕食を準備するときに翌日のお弁当を一緒に準備しているそうです。

「前の日に作ったほうが、朝作るよりも気持ちの余裕が出るし、丁寧につくることができるよ」

とは言うのですが、どうしても気になってしまうのが衛生面!!

本当に大丈夫なのでしょうか?

前日に作ったお弁当を翌日まで置くなんて、雑菌の繁殖なんかもちょっと心配になりますよね。

いろいろ調べてみると、お弁当を前日に作っている人は他にもけっこういるようで、皆さんやはり衛生管理にはとても気をつけているようでした。

まず夜、お弁当を作ったあとは、常温で保存するのではなく、しっかり冷ましてから、きちんと蓋をして冷蔵庫にいれます。

そして朝になったら、お弁当箱ごと電子レンジでチン

しっかりと再加熱することが重要なようです。

ですので、お弁当箱は電子レンジを使えるものにし、おかずを小分けするカップやピックなども電子レンジ可のものを使うようにしたほうが良いでしょう。

そしてお弁当がしっかり冷めるのを待ってから、お弁当のふたを閉じて、できあがり!

こうすることで、お弁当が再び加熱されるので、安心して食べることができるそうですよ。

お弁当を作り置きするときのコツや気をつけたいポイント

朝、レンジなどで再加熱するのはもちろん大切なのですが、お弁当を作る段階から、なるべく雑菌を増やさないよう気を付けておくとより安全だと思います!

そこで、お弁当に雑菌が繁殖するのを防ぐコツをいくつかご紹介しておきますね。

雑菌繁殖を防ぐコツ

  • しっかり火を通したおかずを入れる(揚げ物、炒め物など)
  • 生野菜や果物を入れない
  • 汁気の多いものは避ける
  • 食材には直接触れず、きれいな箸やトングを使う
  • 傷みにくい濃い味付けにする
  • 防腐効果のあるカレー粉、梅干し、ショウガなどを使う
  • マヨネーズやタルタルソースはなるべく使わない(傷みやすいので)

どうしても生野菜や果物を入れたいときは、他のタッパーや入れものを使うようにし、保冷剤などをしっかりと添えておくといいでしょう。

ただ、夏場はそれでも傷む可能性が高いので十分にお気を付けくださいね。

ここでは夜のうちにお弁当箱に詰めておく方法について紹介してきましたが、前日におかずを準備だけしておいて、お弁当箱に詰める作業は朝やるという方もいました。

夜ご飯のおかずを少しお弁当用に取り分けておくと便利ですね。

この際に注意したいことは、お箸をつけてしまった残り物のおかずをお弁当に回すのではなく、最初からお弁当用として別に分けることです。

一度箸をつけてしまうとやはり雑菌の繁殖が気になりますので、「ちょっと余っちゃったから明日のお弁当に入れちゃおう~」というのはやめておきましょう。

朝詰める場合も、それぞれのおかずをしっかり再加熱し、冷めてからお弁当箱に詰めていきます。

まとめ

衛生面や雑菌の繁殖などに気をつければお弁当を前日に作ることは可能なようです。

また、最近100円ショップなどでは、お弁当のおかずの上に置く「除菌シート」も販売されています。

セロファンのような薄いシートで、乗せるだけで除菌ができてしまうというスグレモノ!

わが家でも、食中毒がはやりそうな季節には、この除菌シートを乗せているのですが、前日に作るときも使えそうですよね。

毎日私たちの頭を悩ますお弁当ですが、食べてくれる相手が喜んでくれるように、おいしくて、安全なお弁当を頑張って作りたいと思います!

【関連】
炊き込みご飯のお弁当は傷むのが早い?持って行っても大丈夫?
お弁当に入れた肉の脂固まる…対策は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする