製菓用チョコレートと普通の板チョコの違いって何?

お菓子作りややイベントなどでチョコレートを使うことってありますよね。
我が家もチョコレートは大好きです!!

よく、レシピ本やテレビなどで「製菓用チョコレート」と書かれていることがありますが、みなさんは製菓用チョコレートって何か分かりますか??

「あれ?製菓用チョコレートって普通のチョコとは違うの?」

「普通のチョコを使って作るのはダメなの?」

と思われる方が多いと思います。

また、製菓用チョコレートが余ってしまうこともありそのまま食べれるのかも不安ですよね。

今回は、製菓用チョコレートと普通のチョコレートの違いや製菓用チョコレートはそのまま食べれるのか、余った時はどうしたらいいのかなど調べてみました。

スポンサーリンク

製菓用チョコレートとは?普通のチョコで代用してもいい?

製菓用チョコレートと普通のチョコは、風味口どけが違います。

製菓用チョコレート

製菓用チョコレートは「お菓子作りをするためのチョコレート」であり、代表的なのがカカオバター以外の油脂を使わないクーベルチュールチョコレートというのがあります。

  • 総カカオ固形分35%以上
  • カカオバター31%
  • 無脂カカオ固形分⒉5%
  • カカオバター以外の代用油脂は使用不可

と国際規格で厳格に決められています。

溶けやすくて伸ばしやすい、おまけに綺麗に固まるのでお菓子作りにとても適しているのです。

普通のチョコレート

一方、普通のチョコは「そのまま食べるためのチョコレート」であり、スーパーなどのお菓子売り場に売っている板チョコなどが代表です。

板チョコなどは価格を抑えるためにカカオバター以外の油脂を添加しています。

そのまま食べるには美味しいのですが、お菓子作りだと不純物がたくさん入っているため、うまく固まらなかったり甘ったるい味になり、仕上がり風味もいまいちになります。

ただ、普通のチョコでも代用としてお菓子作りはできます!!

むしろ、お子さんのは普通のチョコで作った方が食べやすいかもしれません。

ケーキやお菓子作りのプロとなると、製菓用チョコレートが必要不可欠というわけです。

少し余った製菓用チョコレート…そのまま食べるのは問題ない?

製菓用チョコレートがお菓子作りに適したチョコレートということがわかりましたが、いったいどんな味なのでしょうか??余ってしまった場合は、そのまま食べれるのでしょうか??

製菓用チョコレートは、もちろんそのまま食べれます!!

カカオ風味が強いので、とても贅沢なお味です。

製菓用チョコレートは、加工することが前提なので口溶けや甘さは普通のチョコより衰えます。

簡単にいうと、製菓用チョコレートは大人向け。普通の市販のチョコは子ども向け。
ということになります。

もし、お菓子作りの時に少し余ってしまったらそのまま食べて贅沢気分を味わってくださいね。

製菓用チョコレート、あまり普通のスーパーでは売っていないですよね。

製菓コーナーに少し売っているのみかけますが、シーズンになるとすぐに売り切れてしまいます。

製菓用チョコレートは、製菓材料専門の店や百貨店などに売っていますが、最近ではネットで
たくさんの種類が売られています。

やはり、普通のチョコよりは少し高く感じますがおいしさは格別です。
ぜひ、探してみてくださいね。

まとめ

今回は、製菓用チョコレートと普通のチョコレートについてお伝えしました。

私は今まで、製菓用チョコと普通の板チョコの違いすらあまり考えたこともなかったですし、もちろん普通のチョコでお菓子作りをしていました。

次回作る時は製菓チョコレートを使って、本格的なチョコレート菓子にチャレンジしてみたいなと思いました。

もちろん、普通のチョコでも十分おいしいのでお好みに合わせて使い分けてくださいね!!

 

【関連】
チョコを刻む理由って何?細かくするのは大変!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする