紅葉狩りやりんご狩りは何で狩りなの?

紅葉

秋は紅葉の季節ですね。みなさんはどこかに紅葉を見に行きますか?

そういえば、紅葉を見に行くことを「紅葉狩り」なんて言ったりしますよね。それから、「りんご狩り」「ぶどう狩り」「みかん狩り」・・・いろいろな果物を採る体験がありますが、これにも「狩り」っていう言葉が使われます。

何で狩るんだろう・・・?と疑問に思ったので、なぜ「○○狩り」という言い方をするのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

なぜ「○○狩り」と言うのか?

狩りってどういうイメージ?

狩りっていうと、みなさんはどんなイメージを持ちますか?
大体思い浮かべるのが、動物とか鳥とかを捕らえている姿ではないでしょうか?

「紅葉狩り」「りんご狩り」というのはよく聞く言葉なので、なんとなくすんなり受け入れてしまっているけれど、よくよく考えると植物や果物は狩るものなの?って思っちゃいますよね。

まあ果物だったら実際に採るので、狩るっていう言い方をするのもわかる気はしますが、紅葉は見るだけで取らないし・・・?

そんな疑問を解決するためにも、「狩り」という言葉について調べました。

狩りの意味

「狩り」の意味を調べたところ、このようなものがありました。

野生の鳥や獣をとること。猟(りよう)。狩猟。

引用:狩り-weblio辞書 三省堂 大辞林

あーこれこれ。私たちがイメージする狩りってこういうものですよね。でも、他にも意味があるようです。

自然の中に分け入って,野草や貝などをとったり,花やもみじを観賞したりすること。 「きのこ-」 「潮干-」 「桜-」 「紅葉(もみじ)-」

引用:狩り-weblio辞書 三省堂 大辞林

紅葉を見たり果物を採ったりすることも狩りって言うんですね。なるほど。

初めは私たちがイメージする通り、獣を捕らえるという意味で使われていたものが、野鳥や小動物を捕らえるもの、さらには植物を鑑賞したり果物を採ったりする意味にも広がってきたようです。

紅葉狩りの由来

どうして動物から植物にまで広がったのかということなんですが、貴族の中にも狩りをしない人が出てきて、紅葉を鑑賞したりして自然を愛でることを狩りに例えて詠ったりしていた、という説があります。

また、実際に枝を手折って楽しむということが行われていたからということもあるようです。

現在は紅葉や桜なんかは「見て」楽しむものであって、枝を折るのはかわいそう、よくないことっていう風潮ですよね。

なので、実際に取るわけじゃないのに狩るって言うのはなんか不思議だと思っちゃいますが、昔は本当に手に持って楽しんだりしていたのですね。

そう考えると、「狩り」という言葉を使うのもわかる気がします。

まとめ

いかがでしたか?

「狩り」とというのは狩猟の意味だけでなく、植物を鑑賞したりする意味でも使われるんですね。

「○○狩り」のなぜ?がわかったところで、みなさんも今年は紅葉狩りや果物狩りなどへ出かけてみてはいかがでしょうか?

風流な秋、実りの秋をぜひ楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする